その他に関連する情報

地方公務員として働くためには、地域の発展に貢献したり、地域住民の幸福な生活を実現したりしたいという意欲や熱意が必要不可欠な条件となります。また、法律に則って職務を遂行するための客観性や冷静な判断能力も問われることとなります。

次に、地方公務員になることを目指す場合、進む学校の選び方にも気を配ることが大切です。地方公務員の中でも上級・中級・初級の試験には、それぞれ大卒・短大卒・高卒程度の能力が必要とされています。したがって、受験するテストのレベルに応じて、大学や短期大学などそれぞれの適性や希望条件にあったところを選ぶのも1つの選択肢になります。また、大学の他にも、地方公務員などの資格取得に特化したコースのある専門学校に通うのも良いでしょう。

最近になって、政策系の学科などを中心として、学外へ出てまちおこしなどのプロジェクトに取り組むという、実践的な授業を採用している大学も増えて来ています。こうしたプロジェクトに参加すれば、地域の抱えている課題を肌で感じ取ったり、地域に貢献する仕事のやりがいを実感したりすることができます。したがって、地方公務員になることを希望する人が進む大学を選ぶにあたっては、このような取り組みを積極的に行なっている学校をチェックしてみるのもおすすめの方法です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

今後の展望など

現在のところ、国や自治体の財政が悪化しているのを背景として、全国各地で地方公務員の人数・給料が削減されて来ている状況です。

こうした動きは、今後も続いてゆくと見られていますが、だからと言って、地域社会を支えるという役割を果たす地方公務員の存在が必要不可欠であることに変わりはありません。というよりもむしろ、財政を再建したり、産業を再生したりするなど、地方の改革が求められているのが現状です。そういう意味合いからすれば、地方公務員に対するニーズは高まってゆくものと考えられます。

次に、地方公務員になるための採用試験は、自治体や職種によって違いがあります。事務職・技術職の中でも、幹部候補生である上級を目指す場合、大学に進んでチャレンジするのが一般的なケースです。また、中級、初級に必要となるのは、それぞれ短大卒程度、高卒程度の能力とされており、高校を卒業してから短期大学や専門学校などに進み、採用試験を受けるという方法もあります。

地方公務員の中でも、一般行政職の場合、採用された後に配属先が決定されることとなります。こちらの配属先としては、福祉・教育から税務に至るまで、非常の幅広いジャンルの職場が含まれます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

地方公務員の概要

職業にもさまざまな種類がありますが、地方公務員もその1つです。地方公務員は、地域に根ざした職場で福祉や利益、安全性の向上に貢献する職業で、それぞれの都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校の教育職員、警察官などによって構成されています

地域に密着した職場に身を置き、時には地域住民との直接的な交流をしつつ、当該エリアの発展や環境整備などに貢献することができるのは、地方公務員の大きなメリットです。また、自分の生まれ育った土地の地方公務員として働けば、故郷を守ろうという気持ちで、さらにやりがいを持って職務に従事することができます。

昨今では、地方財政を取り巻く環境が厳しくなっており、地方公務員に求められる地域再生への貢献度も高くなってきています。そのような状況の中で、自分の発想や努力が実を結んで、地域の人々に貢献できた時には、大きなやりがいを感じることができるでしょう。

ひと口に地方公務員と言っても、その就職先や働く場所には、さまざまなバリエーションがあります。地方公務員の職場環境は、自治体などの規模や職種によって違いがあります。また、国家公務員と比べて、地域性の高い仕事が多いという特徴が存在します。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

地方公務員になりたい

これから取り組む仕事を探す上では、地方公務員を選択するのも1つの方法です。地方公務員は、地方に密着した環境で職務に従事します。こちらの職業には、各地方自治体の役所に勤務する一般職員、学校教員、警察官など、地域の福祉・利益・安全性に貢献する仕事が含まれます。地方公務員には、地域に根ざした職場で活動し、地域の発展・環境整備などに役立つ仕事に取り組むことができるという大きな魅力があります。

また、自分の故郷で地方公務員の仕事に取り組めば、さらに大きなやりがいを感じることができます。地方の財政状況が厳しさを増す昨今では、地方公務員に対するニーズも高まってきています。そうした中、自分の仕事が地域社会に貢献しているという実感が持てれば、大きなやりがいにつながることでしょう。

地方公務員とひと口に言っても、その就職先や勤務地は多岐に亘り、自治体などの規模、職種によって違いがあります。また、地方公務員の仕事には、国家公務員のそれと比較して、地域性の高いものが多く存在します。地方公務員になるためには、採用試験のレベルに応じて進む学校を選ぶのも1つの方法です。上級・中級・初級の採用試験には、それぞれ大卒・短大卒・高卒程度の能力が必要とされています。

このカテゴリーでは、地方公務員になりたいと考える方のために、さまざまなお役立ち情報をお届けします。皆さんの中で、地方公務員になることを希望し、進学先の専門学校を探している方などは、参考にしてみて下さい。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket