その他に関連する情報

地方公務員として働くためには、地域の発展に貢献したり、地域住民の幸福な生活を実現したりしたいという意欲や熱意が必要不可欠な条件となります。また、法律に則って職務を遂行するための客観性や冷静な判断能力も問われることとなります。

次に、地方公務員になることを目指す場合、進む学校の選び方にも気を配ることが大切です。地方公務員の中でも上級・中級・初級の試験には、それぞれ大卒・短大卒・高卒程度の能力が必要とされています。したがって、受験するテストのレベルに応じて、大学や短期大学などそれぞれの適性や希望条件にあったところを選ぶのも1つの選択肢になります。また、大学の他にも、地方公務員などの資格取得に特化したコースのある専門学校に通うのも良いでしょう。

最近になって、政策系の学科などを中心として、学外へ出てまちおこしなどのプロジェクトに取り組むという、実践的な授業を採用している大学も増えて来ています。こうしたプロジェクトに参加すれば、地域の抱えている課題を肌で感じ取ったり、地域に貢献する仕事のやりがいを実感したりすることができます。したがって、地方公務員になることを希望する人が進む大学を選ぶにあたっては、このような取り組みを積極的に行なっている学校をチェックしてみるのもおすすめの方法です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket